高度な矯正治療が受けられる歯科医院の特徴とは?

歯科矯正治療で求められること

専門性の高い治療

歯科矯正治療を目的に通院する方の症状は千差万別です。
その治療には様々な知識や経験が必要になります。
6年間の歯科大学のカリキュラムだけでは、歯科矯正の臨床の経験を積むことは不可能であり、矯正医を目指すためには、大学の医局に残りさらに5年以上の臨床経験が必要。
そのため、矯正医は様々な症例に対しての知識が深く、高い技術を有しているでしょう。
もちろん、普段通っている歯科医院で歯科矯正が可能な場合もあります。
常駐の歯科医師が知識や経験が豊富な場合もあり、矯正専門の医師が週に何回か外勤で勤務している、ということもあります。
注意すべきは、高い技術や正しい知識を持っている歯科医師なのかどうか、ということです。

矯正専門医の見つけ方

一般的な歯科医師に比べ、矯正医はおよそ3%、国内で3000人程しかいません。
歯科医院の看板を見ただけでは矯正医かどうか、判断できない事もあります。
日本には矯正医の認定を行っている団体に、日本矯正医科学会、日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)、日本成人矯正歯科学会の3つがあります。
また、同じ矯正医でも5年以上の臨床経験を持ち、学会での発表で審査に合格した「認定医」、そして、臨床試験として治療した患者さんの症例を提示し、合格することで認められる「専門医」、さらに、矯正医を教育する「指導医」があります。
団体によって、必要とされる経験や条件は異なりますが、専門的な矯正治療を希望する場合は、「専門医」であるかどうかを確認することが一つの指針になるでしょう。
各団体のホームページなどで確認することができます。


この記事をシェアする